〜「窓」について〜 | おうちの相談窓口 アリオ札幌店・イオン札幌元町店

〜「窓」について〜

家を建てるなら、冬は暖かく、夏は涼しい家にしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

やはり家の中では快適に過ごしたいですよね。

 

家造りにおいて、あまり重要ポイントとして見られていませんが、実は最も大きく省エネに大きく繋がる熱の出入りが「窓」なのです。

一般的な窓は壁の1/10くらいの断熱性能しかなく、せっかく暖めても冷やした熱が窓からどんどん逃げているのです。冬の暖房時に窓から逃げる熱は約50%、夏では70%の熱が窓から入ってくると言われています。

 

窓は断熱材のように、ある程度高性能の物がどの家にも入っている訳ではなく、性能の振れ幅が大きい部分でもあります。

ちなみに、窓次第で3倍ほど性能に差がつく事になります。これほど差がある部分は家の中を見渡してもそうはありません。

このように、窓は家の断熱性能の弱点となる部分なので、極端な話をすれば窓をなくしたり、極力小さくすることで、家の断熱性能は大きく上げることが出来ます。でも、窓のない家は暗くて風も入らず圧迫感の強い家になってしまいます。窓を小さくしただけの家も同じことが言えます。窓は、光や風などをコントロールする役割があるので、窓次第で家の住み心地が大きく変わってきます。そのため、窓の性能を確保しつつ、いかに効果的な窓の選択と配置を行うかが重要になってきます。

 

では、窓をどのようにグレードアップすれば断熱性能がアップするのでしょうか。

 

◇窓の性能を決める主な要素を4つに分けました◇

 .ラスの枚数

◆.ラスのコーティング

 ガラスの間に入っているガス

ぁ.汽奪靴亮鑪

 

 .ラスの枚数は主に1〜3枚まであり枚数が多い方が性能高く暖かくなります。

1、1枚 シングル  2、2枚ペアガラス(または複層ガラス)  3、3枚 トリプルガラス

ガラスの枚数が増えると窓の中に空気層が出来るので、外の冷たい空気がそのまま家に入ってくることが少なくなります。ガラスの枚数が2枚以上だと窓の中に空気層ができて、1枚よりも暖かくなります。そして、ガラスの間にあるのが空気じゃないガスだともっと暖かくなります。ちなみに今は5枚ガラスもでてきています。

 

◆.ラスのコーティング

ガラスの表面に金属や酸化物などで構成された特殊なコーティング処理を行うことで通常のガラスに比べて高い断熱性能や日射遮蔽性能をもちます。

 

 ガスは主に2種類あります。

1、アルゴンガス  2、クリプトンガス

1よりも2のほうが暖かくなります。

 

ぁ〜襪離汽奪(ガラスをはめる枠)の種類は主に3種類あります。

1、アルミで作られるアルミサッシ 

2、アルミと樹脂で作られるアルミ樹脂複合サッシorハイブリットサッシ 

3、樹脂で作られた樹脂サッシ

1→2→3に順に暖かくなっていきます。

 

☆窓は、ガラスとサッシ(ガラスをはめる枠)で一つの商品☆

ガラスとサッシの性能が良いほど暖かくて、お値段も高くなります。

窓は、お金をかければかけるほど家が暖かくなります。

家造りにおいては窓は一番お金をかけた効果が出やすい部分と言えるかもしれません。

 

北海道の長い寒い冬…

念願のマイホームを購入する際には、ぜひ窓も見直してみるといいかもしれません(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イオン札幌元町店 | 16:42 | - | - | pookmark |
Entry: ブログトップ  << >>
アリオ札幌店へのご来店予約はこちらから
イオン札幌元町店へのご来店予約はこちらから

いつでもお気軽に「おうちの相談窓口」へお問い合わせください!

おうちの相談窓口とは
サービス一覧
ご利用者の声
施工事例
提携住宅会社一覧
よくある質問
Copyright © おうちの相談窓口 アリオ札幌店・イオン札幌元町店 All Rights Reserved.
Page top
モバイル表示